老け顔の原因|目の下のくまやたるみを撃退

女性

クマの治療

先生

目の下にクマが、出てきた経験はありませんか。クマは、人の表情を変えてしまうといっても過言ではありません。クマがあるだけで、疲れ顔にみえることもあるからです。また、目の下にできるクマは、一言でクマといってもいくつかの種類にわかれているのです。それぞれ、治療法持ち合うので自分の目にクマができてしまった場合どのタイプのクマかを見極めるのが大切です。クマの種類には、赤クマ、茶クマ、黒クマと3種類にわかれます。赤クマは、こすり過ぎや血管が浮き出て赤く見える場合のことを赤クマと言います。目の下の皮膚は、とても薄いため刺激にとても弱いのです。黒クマは、加齢とともに眼球を支えている眼窩脂肪が突出してしまい、それが影を作り黒クマを作ってしまうのです。最後に、茶クマは紫外線や目のこすり過ぎによりメラニン色素が沈着してしまった状態です。このように、目の下にできるクマの原因と種類は複数あるので、必ずしも同じ治療法が通用するのかというと全く違います。

黒クマは、眼窩脂肪が突出してしまうと影として出来る場合と逆に脂肪が少なく凹み影となる場合があります。突出してしまった場合は、突出してしまった眼窩脂肪を切り取りスッキリさせることで、影を無くし黒クマを治療するのです。逆に、凹んでしまっている場合はヒアルロン酸や脂肪を注入することで凹みを解消し治療を行います。赤クマは、黒クマ同様に眼窩脂肪が突出してしまい膨れた目の下をこすったりしたがためにおきます。なので、突出してしまった眼窩脂肪を取り除き治療を行います。茶クマの治療方法は、医療用レーザーなどを使用しメラニンの生成を抑え沈着したメラニンを排除することによって治療を行います。それぞれ、治療法が全く違うので自分のクマがどのようなタイプかしっかり把握することが大切です。